スーパードルフィー“しおん”

スーパードルフィーを中心に、つれづれなるままに日々を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しおんをお迎えして2ヶ月が経ちました

 こんばんは。やっちです。皆さまお元気ですか。
 早いもので、しおんをお迎えしてから2ヶ月が経ちました。
 もう2ヶ月も、と思うと同時に、しおんともう半年以上一緒にいるような気もしまして、時の流れの不思議さを感じます。

 ドルフィーをお迎えする前からも何度かドルパ等には参加していたのですが、ドルフィーをお迎えしてみて、やはり意識が変わったように思います。
 前は、ドルフィーを“ドール”として、彫刻というか、あくまで物としての美術品を見るような感じで鑑賞していたのですが、お迎えしてみて、ドルフィーがオーナーの深い思い入れがあるものであり、そんな中で、実在の人間のような、確かな息づかいを持つ存在として、いることを意識するようになりました。
 以前は、ドルパ等でオーナーさんと話すとき、「このドールかわいいですね」と言ったらいいのか、「この子かわいいですね」と言ったらいいのか悩んだりしました。今だったら、「○○ちゃんかわいいですね」と言えるような気がします。
 ウェット派とドライ派という言葉があることも知りましたが、仮にドライ派であっても、深い思い入れを持ってドールと接していることは変わらないはずで、一個の彫刻というだけでは言いきれない何かがあるような気がします。(あくまで一個の彫刻である、という意識もアリだと思いますけれども。)
 先日のドルパの会場でも、ぶつかりそうになったときに、手に抱いているドールを意識してくれて、ドールにぶつからないように避けてくれたり、そういう心遣いがとてもれしく思いました。

 ドルパ会場で見るドールオーナーはだいたい年齢層が同じような感じで(いわゆるファミコン世代と言ったらいいでしょうか)、自分と同世代の人間が集まっているという感じも受けました。ドルフィーという趣味は決して安い趣味ではないですが、それなりに年齢を重ねて経済力がついた層が中心となっているのかなと思いました。
 ディーラーをやっている人はさらに年齢層が高い感じで(もちろん若い人もいますが)、ドレスや小物を作る手芸のセンスは一朝一夕には育たず、年季を重ねて上達していくという感じなのかなと想像します。
 今後も長くドールライフは続けていくと思いますが、少しずつ自分のセンスを磨いて、年齢を重ねたときには「おお」と思ってもらえるような、そんな自分になれたらいいなぁと思います。

 友人の北斗七星さんにボークスサイトや他のドールサイトをいくつか見てもらいまして、「ボークスサイトのドールと、個人サイトのドールは違う」というコメントをもらいました。「ドールは、人の手に渡って、愛されてこそだな」という非常に深いコメントをいただくことができました。
 例によってお金の話で申し訳ないのですが、「ドルフィーもまた一個の人間。金がかかるのはしょうがない」とたしなめられました。まさにそのとおりだと感じています。
 
 さっそくしおんの尻に敷かれているような感じの日々になってきていますがw、今後もまったりと自分なりのペースでドールライフを続けて、ゆっくりと自分のセンスを磨いていけたらいいかなぁと考えています。

 前々からCMしていた戯曲「しおん姫」を本日公開しました。こちらの方もぜひぜひよろしくお願いします~~

*Comment

どもども~ 

>シンベえさま

そうですね。同じヘッドでもオーナーさんによって違いって出てきますよね。
フルチョイスだとメイクによってさらに変化も大きくなり、同じエレナヘッドでもこうも違うのかぁと面白く拝見しています。
尻の敷物になるのは仕様なんでしょうかねぇw
これからもどんどんハマっていきそうで怖いですw


>久木さま

どもども~。コメありがとうございました。
ドールには表情がありますね~。均一なはずのドールなのに本当に不思議なものです。新しいドレスを着せると喜んでいるように見えますしねw
しおん姫ご覧になっていただき、大変にありがとうございました~。長かったと思いますが、おつかれさまです!
SDで行う人形劇を想定して書いたのではありますが、ちょっとSDが100体ぐらい必要ですねぇw
リンクもありがとうございました。
ぜひぜひ今後ともよろしくお願いしますm(__)m
  • posted by やっち 
  • URL 
  • 2012.05/14 20:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは、今日もお邪魔しております。
私もドールをお迎えするまえは、球体間接人形の写真をウェブなどで見たとき、飾って・観て楽しむ「美術品」のように感じていましたが、いざ自分でドールのお迎えをしてみるとなんだか生きている人間のように思えるようになりました。
ドレスなどを変えるだけで雰囲気も変わりますし、見る角度を変えるとまったく別の表情を見せてくれますよね。
私もうちの子と一緒に自分なりのドールライフをこれからも楽しんでいきたいと思います!(´▽`*)

戯曲「しおん姫」拝見いたしました~!
台詞が巧みでとても読みやすかったです。
最後はハッピーエンドでよかったです…!!

リンクフリーのお言葉に甘えて、私のブログからやっちさんのサイトへリンクを貼らせていただきました。
今後とも何卒よろしくお願いいたします!
ではでは、長文でのコメント失礼しました。
  • posted by 久木 
  • URL 
  • 2012.05/13 16:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

ドールがオーナーによって表情が変わる、というのは良く分かりますよ~
たまに「同じキャラのドールなのになんでここの娘さんはこんなに可愛いんだ?」と思ったりしますもんね

娘に尻に敷かれるのは仕方ありませんねw
お互い存分に愛とお金を献上しようではありませんか(`・ω・´)
  • posted by シンべえ 
  • URL 
  • 2012.05/13 15:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。